toggle

家を買う時、いくら必要なの?(新築建売・中古住宅版)

2019-07-28

物件金額●●●●万円家

この不動産を購入する場合、諸経費はどのくらいかかるのか見てみましょう。

 

おおよそ、不動産を購入する際には、物件金額の約10%ほどの諸経費が必要となるといわれています。今、家探しをされている方は、担当の不動産業者から、このように言われているのではないでしょうか?

 

2000万円の物件を購入すると、100万円~200万円ほどの諸費用が必要となります。

住宅ローンを組む会社や、火災保険の組み方で、諸費用が異なっており、諸経費は、物件金額の5%~10%ほどとなります。

保証料がかかる→金利が低くなる

火災保険料が高い→10年一括なので、1年あたりの保険料は割安

など、経費が高い場合、それなりのメリットがある場合もあります。

自分に合った買い方、諸経費のかけ方はどのようなカタチか、担当者とよくご相談の上納得してご購入できるといいですね。

 

住宅ローンや、火災保険の内容は、またの機会にご案内します。

 

ご質問等があれば

info@homer.co.jp

件名に「質問@」と記入してメールいただければお返事させていただきます。

関連記事